共用部

喧噪を遠ざける。その先に、住む方だけの別空間を描くこと。

ロートアイアンをリズミカルに配置した格子とガラスのエントランス。人の立つ位置や動きに呼応して、外と中がやさしく繋がり合い、住む方だけが得ることのできる、特別な時間のはじまりを予感させます。

落ち着きと上質さが交わる、もうひとつの玄関。

エントランスラウンジ完成予想CG

自邸へと帰る、その一歩にやすらぎが満ちてゆく歓びを届ける。

エントランスラウンジは、シックで品質の高さを物語る大人の空間に。空間を落ち着いたトーンでまとめながらも、随所に見えるこだわりが、空間を引き締め、上質さを醸し出します。

居室へと向かう共用空間には、静けさが満ちるデザインを。

このページのトップへ